育児

赤ちゃんの検温は大変!体温計の種類は?おススメを紹介♪

れいちゃん
れいちゃん
皆さんこんにちは! 今日は体温計についてお話してみようかな

ままベアー
ままベアー
これからの季節は、特に大活躍の道具の一つよね

パパうさぎ
パパうさぎ
今は色々な種類の体温計があるんだなぁ。どれを選べば良いんだ?

れいちゃん
れいちゃん
よし!この機会に調べてみよ~!

 

赤ちゃんが嫌がって体温が測れない!体温計の種類とおススメは?

 

赤ちゃんの体温計は必要?理由は?

れいちゃん
れいちゃん
そもそも、熱を測る理由は何なの?嫌がるなら測らなければ良いのに…

熱を測ることは赤ちゃんの平熱を把握しておくという点でとても重要な事なのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは平熱が高め。36.5℃~37.5℃位が多いようです。

※稀に38度位ある赤ちゃんもいるとお聞きしたことがあります。

赤ちゃんの普段の熱はどれくらいなのか。

それを把握しておかないと、季節の変わり目や肌寒い季節など、

熱を出した時に落ち着いて対応することが難しくなってしまいます。

ままベアー
ままベアー
平熱の平均値に当てはまらないから異常という訳ではないのよ。

あくまでも個人差があるから、”その子の平熱は何度なのか”を

調べてあげることが大切なの

 

平熱の正しい測り方

でもやっぱり赤ちゃんの体温を上手に測るのは難しい…

数値を見て「こんな低いはず(高いはず)はない」と何回も測り直した経験、ありませんか?

れいちゃんも時間帯によって差が出たり、遊んだあとは驚くほど高くなったりした覚えがあります。

 

では、平熱の正しい測り方とは、『どのタイミングで』『どの様に』測定すべきなのでしょうか。

 

赤ちゃん(子ども)の体温の基礎知識

れいちゃん
れいちゃん
平熱の正しい測り方を説明する前に、まず体温のミニミニ基礎知識だよ

通常体温は朝に一度低くなり、夕方になるにつれて高くなるのが一般的。

計測する時間によって体温が変わるのは、当たり前の事なのです。

 

それにプラスして、赤ちゃんは体温調節する力が未熟で、

ご飯を食べたり昼寝をしたり、日常生活での活動で影響を受けるため

一日の中でも体温は大幅に変動しています。

 

測る場所によっても数値が異なり、体の中心は約37℃でほぼ一定ですが、

体の表面の皮膚や手足の先は、周囲の環境(主に気温)の影響を受けやすく

とても変動しやすいのだそうです。

 

熱を測るタイミングは?

これを踏まえたうえで、上手に熱を測る為のコツは

『毎回同じような条件で測ること』なんです。

 

日常生活では食事や運動・基礎代謝などの「熱を作る」活動と

呼吸や汗をかく・排泄などの「熱を失う」活動のバランスで体温を調節しています。

 

午後はこの様な活動の影響を受けやすい時間帯ですので、

出来れば体温が比較的安定している午前中に、時間を決めて測るのが良いでしょう。

パパうさぎ
パパうさぎ
起きてすぐや、運動、食事、お出かけ、入浴、泣いたり

ぐずったりした直後は、正しい体温にはならないから気を付けて!

30分くらい時間を置くと良いよ

熱を測る方法

『この部位で測りましょう!』という決まりはありません。

ただ、毎回同じ部位で測ることが平熱を知る上では重要です。

 

それにしても、今はわきで測る体温計からおでこで測る体温計まで、

色々な体温計が販売されていますよね。

れいちゃん
れいちゃん
それぞれの特徴やメリットは何なんだろう。少しまとめてみよ~

 

体温計の種類・選び方~部位別の測り方とポイント~

実測式と予測式

体温計には、『実測式』と『予測式』の2種類があります。

実測式とは

①検温部分の実際の温度をそのまま表示

②検温時間は、一般的に口内で5分以上、脇で10分以上の時間が必要

③より正確な体温を知りたい方におすすめ

 

予測式とは

①測り始めからの体温の変化を分析して、10分後の体温を予測して表示

②検温時間は短く、平均で10秒程度

③手軽に検温したい方におすすめ

 

ままベアー
ままベアー
 ここからは部位別の測り方とポイントよ

 

わきで測るタイプの体温計

①体温計の先をわきの中心に当てる

②体温計を下から少し押し上げるように当て、わきをしっかりとしめる

・体温計をはさんでいるのとは反対の手で、ひじの少し上を軽く押さえると測りやすいです

・体温表示画面は内側に向けましょう

・はさむ角度の理想は30°~45° 画面を見ながらはさんでいると丁度いい角度になるよ

・汗をかいていると、正しく測れない可能性も。測る前に汗を拭きましょう

・下着などに当たってしまうと、正しく測れない可能性も。直接肌にあたるようにしましょう。

 

耳で測るタイプの体温計

①耳の上部分をかるく後ろ側にひっぱり、耳の穴がなるべく真っ直ぐになるようにする

②体温計の先を耳の穴に沿っていれる

③測定ボタンを押す

・耳の中が汚れていると正しく測れない可能性も。測る前に耳掃除をしておきましょう

 

おでこで測るタイプの体温計

①電源を入れ、センサーをおでこ(眉間)に向ける

②測定スイッチを押す

・おでこから離す距離はメーカー(型番)によって異なります。

密着させるタイプもあるみたいなので、使用前に説明書を確認してくださいね

 

れいちゃんが使ってみた!~おススメの体温計~

パパうさぎ
パパうさぎ
ここまで平熱と体温計の基礎知識を説明したが、

ここからはおすすめの体温計を紹介するぞ!

わき用おすすめ体温計

 

この体温計の特徴は、先が平たい&やわらかく曲がること。

わきにしっかりフィットして測れるので赤ちゃんの検温でも安心です。

もちろん大人でも使用できます。

使ってみて気になったところ

①わきの汗を拭くのが大変

赤ちゃんはとても汗っかき。汗をかいていると正確な体温を測れないので

汗を拭いてから測ろうと思ったんですが…

わきを触られるのが嫌い(くすぐったい)れいちゃんは、その時点で大暴れ。

 

②はさんでいる時に気になってさわってしまう

汗を拭く大仕事を終え、いざ計測!(この時ママが大汗かいてます^^;)

画面を内側にしてはさむと、自然とれいちゃんの顔の方に画面が向くんですが、

どんどん数字が変わっていく表示を見て、

最初は大人しくしてくれていたれいちゃんが、体温計を引き抜こうと

体温計を触る触る(笑)

引き抜きたいれいちゃんと、そうはさせまいと押さえるママの攻防の間に

体温計がズレてしまい、エラーになる事しばしば…

 

この体温計の平均検温時間は約15秒。

他のわき用体温計が平均約20秒程度となっていますので、

それと比べると検温時間は少し短めなんですが…れいちゃんには15秒すら難しかったようです。

ままベアー
ままベアー
赤ちゃんによって反応は様々。

病院でれいちゃんより小さい子が、わきの体温計で

大人しく検温できている姿を見て、驚いたことがあったわ

 

使ってみて良かったところ

①バックライトが点灯するところ

検温終了時にはバックライトが点灯するので、夜中でもしっかり検温できます。

②ブザー音を消せる機能がついている

ブザー音オフ機能が付いているので、寝ている赤ちゃんの体温を測るときも安心。

③画面が大きい

画面が大きめなので、数値も一般的なものと比べると大きく表示されるのが嬉しかったです。

④実測検温も出来る

予測検温と実測検温兼用なので、予測検温が終わった後そのままはさみ続けると

実測検温が始まります。

子どもで10分間おとなしくしているのは難しいかもしれませんが、

正確な体温を調べたい方は是非^^

 

 

おでこ用おすすめ体温計

 

今年から保育園に通いだしたれいちゃん。朝の用意でバタバタしている&

朝のれいちゃんはとっても不機嫌で、いつも以上に検温が難しい(笑)

れいちゃん
れいちゃん
えへへ♪

 

使ってみて気になったところ

①ピンポイントに当てないと、誤差がある?

おでこ(眉間)から1~3cm離してボタンを押すんですが、

距離が離れすぎても測れないですし、試しに眉間以外の部分(髪の付け根くらい)

で計測してみたら、±0.5℃くらいの差が出ていました。

髪の付け根はやりすぎかもしれませんが、赤ちゃんが顔を動かしてしまい

眉間に当てることが出来ずに、誤差が出る事もあるのかな?と思いました。

②外気温などに左右されやすい

おでこは外気にさらされていますので、気温によって結果が左右されてしまう様です。

試しに、冬に外で遊んでいる際測ってみたら、35℃代後半になることもありました。

(こんな状況で測る人なんていないと思いますが^^;)

あとは、おでこに汗をかいていたり、おでこと体温計の間に髪の毛があっても

正確には測れないようなので、そこも気を付けないといけませんね。

 

 

使ってみて良かったところ

①とにかく検温時間が短いこと

検温時間は約1秒!これを買ってからは

れいちゃんだけでなくママのストレスも半減しました♪

②肌に直接触れないので衛生的

皮膚には「皮膚常在菌」という菌がいて、普段は何ともないけれど

病気や高齢などで体が弱った人に対して、病気を起こすこともあるそうです。

なので、わきで測る体温計は測るごとに消毒や洗浄が必要ですが、

これは直接触れることなく検温できるのでとても衛生的だと思います。

ままベアー
ままベアー
普段は私が測るから良いんだけど、

最近自分で何でもやりたがるれいちゃん。「ぴっぴ!」と言いながら

おでこにペタ~とくっつけてしまうので、

念のためアルコール綿で表面を拭いているわ。

※センサーには触れないように気を付けてます

④温度計としても使える

体温計として使わないときは室温を表示してくれるので

夏場の熱中症対策にも役立ちました。

他にもお風呂やミルクの温度を測りたいときにも使用できます。

 

 

まとめ

・大切なのは平熱を把握する事

・出来れば午前中に、同じ検温部位で測る事

・正確な体温を知りたい!という方には、実測検温のある体温計がおススメ

・早く測りたい!という方には、おでこや耳で測る体温計がおススメ

 

ここまで体温についてや体温計の種類について色々と書いていきました。

正直なところ、どの計測方法にもメリットとデメリットがあるように思いました。

その上で大切なことは、

今ママが(家族が)重要視しているのは何なのかだと思います。

 

毎朝の検温があるれいちゃんは、とにかく速さ手軽さを求めていたので

今はおでこで測る体温計を常用しています。

何とこの体温計に至るまで、全部で5つの体温計を購入しています。

※明らかに買いすぎですね(笑)

 

自分たちにピッタリの体温計をみつけて、これからの季節に備えていきましょう!

れいちゃん
れいちゃん
耳で測るタイプの体温計で「これ!」と思ったものに未だ出会えていないんだ。発見次第追記するね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です