ご飯

炊飯器にお任せ♪「特性味噌だれのカオマンガイ」

炊飯器にお任せ♪「特性味噌だれのカオマンガイ」

———–

今回は、特性味噌だれの「カオマンガイ」を作りました♡
鶏むね肉とご飯を一緒に炊くだけで、しっとり美味しいカオマンガイに大変身!(*^^*)

生姜たっぷりのご飯は、鶏の旨味を吸ってとても美味しい~♪
お肉はそのままでも美味しいですが、お好みでポン酢やネギだれ・ごまだれなどをかけてくださいね。

ちなみに我が家は「特製味噌だれ」で食べますっ!
酸味のきいた味噌だれでさっぱりと食べれちゃう♡

特性味噌だれのレシピも↓にありますので、良ければ作って食べてみてね♪

好きな方はパクチーを添えると更に本格的な味わいになりますよ~
それでは作り方いきましょー!!♡

特性味噌だれの!カオマンガイ

作業時間:約5分
費用:約250円(2合分)

材料(2合分)

~具材~

  • 鶏むね肉・・・1枚(300g)
  • お米・・・2合分

~調味料~

  • 塩こしょう・・・少々
  • しょうがチューブ・・・小さじ1
  • にんにくチューブ・・・小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素・・・小さじ1
  • 長ネギ(青い部分)・・・適当

作り方

①鶏むね肉(1枚)の皮目にフォークで数カ所穴を開けます。
塩こしょうを揉み込んでおきます。

②研いだお米(2合)に、生姜チューブ(小さじ1)・にんにくチューブ(小さじ1/2)・鶏がらスープの素(小さじ1)を入れ規定の線より少し少なめに水を入れます。

③鶏肉を皮目を下にして入れ、あれば長ネギの青い部分を一緒に入れます。
普通炊きで炊飯スタートします。

④鶏肉を取り出してスライスし、ご飯を盛ったお皿にお肉を添えて完成!

特製味噌だれの作り方

▼材料

  • みそ・・・大さじ2
  • お酢・・・大さじ1/2
  • 醤油・・・小さじ1
  • レモン・・・汁小さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • しょうが・・・大さじ1
  • にんにく・・・約1cm

▼作り方
全ての材料を混ぜれば完成♡

  • 長ネギの青い部分を入れると鶏の嫌な匂いを防いでくれるよ。
  • 鶏肉は炊き立てよりも、少し覚ましてから切った方が身が崩れにくいよ。
★アレンジ&トッピング
  • お肉にポン酢・ネギだれ・ごまだれをかけてもOK!
  • パクチーを添えればより本格的にっ♪

嬉しい声もありがとうございます♡

「味が染みて美味しそうですね😸😸🍹」

reichannel_cooking/あーちゃんでき楽レシピより

お米&お肉と調味料を一緒に炊飯器に入れて「ポンッ!」とボタンを押せばおしまいなので、作業時間はたったの5分!
一見作るのが難しそうに見えるカオマンガイも、実はとーっても簡単なんです♡

洗い物が少ないのも嬉しいポイント。
一緒に食べるとやみつきになる「特性味噌だれ」もぜひ作ってみてね♪

カオマンガイとはどんな料理?

カオマンガイとは、「ご飯の上に茹でた鶏が載っているタイ料理」のこと。
甘辛い味噌だれをかけて一緒に食べます。

この料理の最大のポイントは、茹でた「鶏の茹で汁」を使ってご飯を炊くことです。
タイでは“ソウルフード”と言われるくらいポピュラーな料理ではありますが、家庭料理というよりは、テイクアウトして食べる「屋台料理」の位置づけなんだとか。

ちなみにタイ料理には、トムヤンクンやガパオ、グリーンカレーなど基本的に辛いものが多いですが、カオマンガイは辛くないため日本人でも食べやすいのが特徴。
(カオマンガイ自体は辛くないですが、本場のつけタレは辛めなこともあるので注意!笑)

旅行者などの間でも好んで食べる人が増え続け、人気がどんどん広まっていったそうですよ♪

【豆知識】カオマンガイの名前の由来は?

カオマンガイ…その独特な名前に、どのようにして名付けられたのかちょっと気になりますよね。

実はタイ語で、カオは「ご飯」、ガオは「鶏肉」を意味するそうです。
料理で使われている食材がそのまま料理名になった感じですね!

カオマンガイは別名「海南風鶏飯」とも呼ばれ、そのルーツは中国という説も!
海南とは中国にある海南島のことで、中国人がタイに伝えたのが始まりではないか、とも考えられているそうですよ。

炊飯器1つで作れるお手軽レシピ♡

炊飯器にお任せで作れちゃう簡単レシピ!
お肉とご家庭にある調味料だけであっという間に「オシャレカフェごはん」の完成ですよ♡

お手軽ランチにもおすすめ♪
おうちで楽しめる“本格タイの味!”、ぜひ試してみてね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です