ご飯

おうちカフェごはんに♡「アスパラベーコン丼」

おうちカフェごはんに♡「アスパラベーコン丼」

———–

今回は「アスパラベーコン丼」を作りました♡
味付けはたった2つでバターとコンソメのみっ!

シンプルだけど、ベーコンの旨味が出てとっても美味しい◎
今回はご飯の上に載せて丼にしましたが、そのままパンに挟んでも美味しいよ♪

「味が物足りない!」という方は、塩こしょうを追加するか、仕上げにケチャップも合うからかけてみてね~♡

味付けはバターとコンソメ♩♪アスパラベーコン丼

作業時間:約10分
費用:約300円(2人分)

材料(2人分)

~具材~

  • アスパラガス・・・4本
  • ブロックベーコン・・・80g
  • 卵・・・3個

~調味料~

  • サラダ油・・・小さじ1
  • バター・・・10g
  • コンソメ・・・小さじ1/2

作り方

①アスパラ4本は根本部分をピーラーで剥いて斜め薄切りにします。
ベーコン80gは厚めにカットし、卵3個は溶いておきます。

②フライパンに、サラダ油(小さじ1)を入れ温めアスパラを炒めます。
しんなりしたらベーコンを入れ、蓋をして蒸し焼きにします。

③端に寄せて、バター(10g)を加え卵を投入します。
大きめのスクランブルエッグにして、コンソメ(小さじ1/2)をかけて全体を混ぜます。

④器にご飯を盛り、卵とアスパラベーコンをのせて完成!

  • 味が物足りない!という方は、塩こしょうを追加するか仕上げにケチャップをかけても◎
★アレンジ&トッピング
  • ベーコンはスライスベーコンでもOK!
  • パンに挟んでも美味しいよ。

嬉しい声も頂きました♪

「アスパラ好きなので😋😋これも美味しそうですね🍀」

reichannel_cooking/あーちゃんでき楽レシピより

ベーコンの旨味とアスパラの食感がクセになる!
定番の組み合わせは、バター風味ととっても合うんです。

見た目も黄・ピンク・緑とカラフルで気分が上がりますよ♡
朝食や簡単ランチ、カフェごはんにピッタリ!

【豆知識】アスパラガスの名前の由来

今日はアスパラガスの豆知識!
アスパラガスは元々、ローマ時代に栽培されていてヨーロッパ全土に広がっていったワケですが…

その名前の由来は、ギリシャ語の「asparagos(アスパラゴス)」からきており「新芽」という意味があるんですよ♪
なんと日本に伝わった当初は食用ではなく、観賞用植物だったというから驚き!

その後、北海道で本格的に食用として栽培されていったそうです。

アスパラガスは嬉しい栄養源がいっぱい!

アスパラガスには「免疫を高める効果」や「風邪予防」、「アンチエイジング効果」や「疲労回復」など様々な効果が期待できます♪

なぜなら、ビタミン類を始め、葉酸・アスパラギン酸・ルチン・食物繊維・βカロテン・カリウム・ミネラルなどなど…
嬉しい栄養源が盛り沢山!

中でも「アスパラギン酸」は、栄養ドリンクやサプリでも使われている優秀な成分です!
ちなみにアスパラギン酸は、アスパラガスから発見されたことでその名前の由来にもなったんですよ♪

古くからアスパラガスは「薬用」として使用されていたくらい、効能が認められた植物なんです。
まさに食べるお薬と言えますね!( *´艸`)

アスパラベーコン丼でおうちカフェごはん♡

シャキシャキのアスパラとフワッとした卵の食感が楽しい♪
味付けはバターとコンソメだけだから簡単で覚えやすいですよ。

ベーコンの旨味と塩気でご飯もパクパク食べられちゃう。
自宅でオシャレなカフェごはんにいかが?♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です