ご飯

フライパン一つで♪濃厚とろける♡「チーズタッカルビ丼」

フライパン一つで♪濃厚とろける♡「チーズタッカルビ丼」

———–

今回はワンパンで作る「チーズタッカルビ丼」のご紹介!
鶏肉に香ばしさを出たかったので、めずらしくフライパン調理です♪

こちらのレシピはコチュジャンは入れず、味噌で代用!
辛いのが苦手な方でも食べれるチーズタッカルビですよ♡

辛いのがお好みの方は、味噌をコチュジャンに変更or味噌を減らしてコチュジャンを足すでもOK!
お好みの辛さで調節してね。

フライパン一つで♪チーズタッカルビ丼

作業時間:約20分(炒める時間も含む)
費用:約450円(2人分)

材料(2人分)

  • 鶏もも肉・・・1枚(300g)
  • キャベツ・・・1/8玉
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 酒(下味用)・・・大さじ1
  • 塩こしょう(下味用)・・・適量
  • ★味噌・・・大さじ2
  • ★ケチャップ・・・大さじ2
  • ★焼肉のたれ・・・大さじ1/2
  • ★みりん・・・大さじ1
  • ★鶏ガラスープの素・・・大さじ1/2
  • ★ごま油・・・大さじ1/2
  • ★にんにくチューブ・・・約2cm
  • ★しょうがチューブ・・・約2cm
  • サラダ油・・・適量
  • 溶けるチーズ・・・好きなだけ
  • ごはん・・・2膳分

作り方

①キャベツ(1/8玉)をざく切りにします。

②玉ねぎ(1/4個)は1cm幅にカットします。

③鶏もも肉(1枚)は一口大にカットします。

④酒(大さじ1)・塩こしょう(適量)を揉み込んでおきます。

⑤★の材料を混ぜておきます。
(材料を見てね)

⑥フライパンにサラダ油(適量)を入れ、鶏肉を中火で焼きます。

⑦焼き色がついたら裏返し、野菜を加え蓋をして蒸し焼きにします。

⑧肉に火が通ったら⑤を入れて混ぜ、水分が少なくなるまで炒めます。

⑨溶けるチーズ(適量)を載せ火を止め、蓋をしてチーズを溶かせば完成!

  • 辛さは味噌とコチュジャンで調節してね!
  • チーズは是非たっぷりめで♪
★アレンジ&トッピング
  • ご飯にかけたらお好みで万能ネギを散らしてね。
  • うどんとも相性抜群♡

嬉しい声も頂きました♪

「これからの季節🍀食べたくなりますね🙋いいなぁ😻😻👍😊」

「チーズ🧀がとろーり最高😍❤️」

reichannel_cooking/あーちゃんでき楽レシピより

私はご飯の上に載せて丼にしましたが、もちろんチーズタッカルビだけでも美味しくいただけます♪

今回はタレにコチュジャンを入れなかったのでお皿に添えました!
食べながら辛さを調節できるのでおすすめですよ。

辛いのが苦手な方は、ぜひそのままでどうぞ♡

【豆知識】タッカルビの名前の由来

日本でも大人気の「タッカルビ」!
その発祥の地は朝鮮半島で、肉や野菜を使った焼き肉料理の1つです。

タッカルビの「タッ(닭)」は鶏を意味し、「カルビ(갈비)」はあばら骨を意味します。
つまり、「骨のまわりの肉を食べる鶏料理」という意味があるんですよ♪

鍋のシメにはご飯を入れて、“タッカルビの焼き飯”にして食べるのが本場の定番だそうです!

チーズタッカルビの保存方法

チーズタッカルビを保存するなら「下味冷凍」がおすすめ。
調味料に漬け込んだお肉をそのまま冷凍しておけば、食べたい分だけ取り出して野菜と一緒に調理するだけでOK!

冷凍用保存袋に空気を抜くようにして入れます。
小分けにしておくと後で使いやすいですよ♪

もしも、作りすぎて冷蔵庫保管する場合は、3~4日を目安に食べきるようにしましょう。
その際は、煮沸、またはアルコール消毒をした密閉容器に入れてくださいね。

プラスチック製のものは色移りしてしまう可能性があるので注意!
気になる方はガラス製の容器を使うか、ラップを敷いておくと安心です。

温める際は、ラップは忘れず取り除いてくださいね。

チーズ好き必見♪ワンパンで後片付けも楽々♪

ワンパン料理だから後片付けも楽々♡
プリプリの鶏肉とシャキシャキのキャベツが美味しい~!

チーズ好きにはたまらない一品です。
ぜひ、たっぷりチーズ加えて“濃厚とろけるタッカルビ丼”を味わってください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です