ご飯

【糖質制限中にも♡】塩トマトが決め手!「冷しゃぶ豆腐そうめん」

【糖質制限中にも♡】塩トマトが決め手!「冷しゃぶ豆腐そうめん」

———–

そうめんと言えば「炭水化物の塊」!!
そのほとんどが「糖質」を占めるので、ダイエットや糖質制限中には不向きと言われてますよね。

でも、時々無性に食べたくなる…

そんな時は、低糖質な“豆腐そうめん”がオススメ♡
今日は、塩トマトを使った「冷やしゃぶ豆腐そうめん」をご紹介したいと思います!

残暑も涼しく、さっぱり美味しいレシピに仕上がりました♪

塩トマトうま~い♡豆腐そうめんで冷しゃぶそうめん

【糖質量】
約12.7g(1人分)

糖質量は『ロカボ糖質』です。
利用可能炭水化物で計算した数値になります。

材料(1人分)

  • トマト:1/2個
  • 塩:小さじ1/2
  • 水:300ml
  • 豚薄切り肉:60g
  • ★鶏がらスープのもと:大さじ1/2
  • ★にんにくチューブ:約1cm
  • ★ごま油:大さじ1/2
  • 豆腐そうめん:1パック

~以下なくてもOK~

  • ゆで卵:1個
  • 万能ネギ:好きなだけ

作り方

①トマトを角切りにして塩をまぶしておきます。

②鍋に水を沸かして豚薄切り肉を茹でます。

火が通ったら取り出し、灰汁をとります。

★を入れ煮立たせたら、冷蔵庫で冷やしておきます。

★鶏がらスープのもと:大さじ1/2

★にんにくチューブ:約1cm

★ごま油:大さじ1/2

③豆腐そうめんの水気を切り、器に盛ったら茹で豚・塩トマト・ゆで卵を乗せ、スープをかけて万能ネギを散らせば出来上がり!

  • 味が薄かったら塩トマトを足すか、塩コショウで調整してね~!
  • よくかき混ぜて食べてください♪
★アレンジ&トッピング
  • お好みでラー油や黒コショウでパンチを効かせても♡

トマトに塩をかけると甘み増しませんか?
(スイカに塩的な感じ!笑)

普段はレタスと和えて簡単サラダにしたりすることが多いですが、スープの具として使ったらとっても美味しくてビックリ!
「これは麺類もいけるだろう!」と思って作ってみたのがきっかけです。

食べる時は塩トマトとそうめんを「ぐゎ~~~」っと混ぜてから食べると美味しいですよ♪
(見た目アレだけどw)

是非やってみて下さ~い!

普通のそうめんと豆腐そうめんの違い

とっても低糖質で低カロリーな豆腐そうめんですが、普通のそうめんと比べて一体どれくらい違うのか、ちょっと気になりますよね。
違いをしっかり把握しておくことで、さらに意識が高まるかも!(笑)

と言うことで、「糖質&カロリー」を比較してみました。
それがコチラ!!

↓↓↓

【それぞれ150gで比較した場合】

▼糖質
〇豆腐そうめん…6.5g
×そうめん(ゆで)…37.35g

▼カロリー
〇豆腐そうめん…85kcal
×そうめん(ゆで)…190.5kcal

※紀文オンラインショップ比較より

普通のゆでそうめんは、豆腐そうめんと比べて

糖質は「約5.7倍」
カロリーは「約22.3倍」も、高い結果に!!

いかに豆腐そうめんが優れているかわかりますね。
その上、食感も味もそうめんにそっくりな豆腐そうめん…

普段から活用しなきゃもったいない♪

豆腐そうめんは温めても美味しい?

そうめんと違って乾麺ではないので、茹でずにそのまま食べられる「豆腐そうめん」。
これから少しずつ寒くなるし、温かい季節でも食べたいですよね。

温めても美味しいの?

↓↓↓

答えは「YES!」
豆腐そうめんは冷だけではなく、もちろん温めても美味しく食べられますよ♪

温めて食べる時は、乾麺と違ってそのまま食べられるので麺が温まればすぐに食べてOK!

ひとりランチにもピッタリな、冷しゃぶそうめんはいかが?♡

トマトに塩をかけることで、「甘み」と「酸味」のバランスが良くなり、スープともよく合います。
冷しゃぶを乗せることでスタミナもUP↑し、暑い日でもつるつるッと食べられますよ。

とっても簡単に作れるので、ひとりランチにもピッタリ!♡
消費したい完熟トマトがあるときにも、ぜひお役立てください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です