ご飯

手抜きで絶品♡ピリ辛がクセになる♪「簡単ヤンニョムチキン」

手抜きで絶品♡ピリ辛がクセになる♪「簡単ヤンニョムチキン」

———–

レンジで一発、あっという間に作れちゃう!
ピリ辛でご飯が進む「ヤンニョムチキン」のレシピをご紹介したいと思います♪

ちなみに、フライパンで焼くより香ばしさは無くなりますが…

  • 焦げないように、火加減を気にする必要がない
  • 火を使わないから、暑くない
  • コンロ周りの油跳ねがないから、掃除がいらない
  • 少ない洗い物で楽々~♪

ってことで、私はレンジで作るのも大好きです(笑)

それにレンジでは、フライパンに負けじとふっくらジューシーな仕上がりになります。
手抜きなのに絶品ですよ♡

このピリ辛さクセになる♪簡単ヤンニョムチキン

作業時間:約20分
費用:約300円(1人前)

材料(2人前)

  • 鶏むね肉:1枚
  • 塩こしょう:少々
  • 片栗粉:大さじ2
  • ★コチュジャン:大さじ2
  • ★ケチャップ:大さじ1
  • ★めんつゆ:大さじ1
  • ★みりん:大さじ1
  • ★砂糖:大さじ1
  • ★ごま油:小さじ2

~トッピング~

  • 炒りごま
  • 万能ネギ:好きなだけ

作り方

①鶏むね肉を一口大にカットしてビニール袋に入れます。

塩こしょうと片栗粉を入れふり混ぜます。

②★を加えお肉によく揉み込みます。

★砂糖:大さじ1

★みりん:大さじ1

★めんつゆ:大さじ1

★ケチャップ:大さじ1

★ごま油:小さじ2

★コチュジャン:大さじ2

耐熱コンテナに移して広げふんわりラップをして600wのレンジで4分加熱します。
※加熱ムラを防ぐため残り2分くらいで一度かき混ぜてください。

その後3分ほったらかしにします。

③器に盛り、白ごまや万能ネギを散らして完成!

  • めんつゆは4倍濃縮を使っています。
  • 鶏むね肉は鶏もも肉でもOK。
  • 鶏むね肉や万能ネギは、キッチンバサミでカットするとまな板も包丁も要らないよ!
  • 過熱後、お肉を先に盛り付けて残ったタレだけ600wで2分(ラップなし)温めるととろみがつくので、上からかけてみてね。
  • 蒸らし終わった後、お肉に火が通ってなかったら追加で30秒ずつ加熱してみてね。
★アレンジ&トッピング
  • 辛いのが好きな方は「豆板醤小さじ1/2」くらい足してもOK。
  • 丼物やサンドイッチにも♡

ピリ辛が食欲をそそる1品に仕上がりました。

濃い目の味付けなので、お弁当のおかずにも!
冷めてもとっても美味しいですよ。

鶏むね肉ではさっぱりとヘルシーに食べられますが、鶏もも肉ならプリッとジューシーになるのでお好きな方で♡
一度食べると何度でも食べたくなる、“クセになるお味”です。

コチュジャンがない時の代用術!

ピリ辛料理を作るときには欠かせない調味料の1つ、「コチュジャン」。
しかし、ご家庭によってはない方もいるかもしれません。

そんな時は!
ご家庭にある他の調味料で、実は簡単にコチュジャンに近い味を作ることができるんです♪

そのレシピはこちら

↓↓↓

▼コチュジャンの作り方
砂糖:大さじ1
味噌:大さじ1
豆板醤:小さじ1/2

手作りできるなら助かった…!
と思いきや、「豆板醤がない!」という方もいるかもしれません(笑)

そんな方は、こちらで豆板醤に近い味を作れます。

↓↓↓

▼豆板醤の作り方
味噌:大さじ1
醤油:小さじ1/2
一味唐辛子:小さじ1

豆板醤を作るときは、あれば「赤みそ」を使うとより近い味になります◎
ぜひ、参考にして作ってみてくださいね♪

【豆知識】ヤンニョムチキンの名前の由来は?

ピリッと甘辛な味付けがたまらない「ヤンニョムチキン」。
すでにご存じの方も多いと思いますが、その発祥は韓国です。

ヤンニョムとは、韓国料理で使われている“甘辛い調味料”のことを指しており、この調味料を絡めて作るからヤンニョムチキンと言われています。
韓国では「定番チキン料理の1つ」で、ビールのおつまみとして大人気なんだとか!

おかず・お酒のお供に♡おうちで簡単ヤンニョムチキン!

フライパン調理はソースが焦げ付いてなかなか落ちなかったり、スポンジもべっとり汚れるしとにかく大変!
レンジなら洗い物も少ないし、何よりも簡単!楽々調理です♪

「コンテナだと色移りが気になる」という方は、ガラス製の耐熱ボウルを使うと良いですよ。
おうちで作れる絶品ヤンニョムチキン、お酒も、ご飯もとにかく進んで止まりません♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です