ご飯

いつもの味を韓国風に♪レンジで簡単「そうめんでビビン麺」

いつもの味を韓国風に♪レンジで簡単「そうめんでビビン麺」

———–

暑いとご飯の支度に時間をかけたくない~!
そんな時にピッタリな“簡単混ぜるだけ”のレシピがコチラ!!

↓↓↓

「そうめんでビビン麺」!!

キムチとコチュジャンでピリ辛だから、暑い日でも食欲増進↑
つるつるっと食べられる一品です♡

作り方も簡単で、レンジで茹でて混ぜるだけ。
しかも、キムチと海苔を乗せるだけなので、包丁とまな板も必要ありません!

何せこの時は面倒だったんで、とにかく楽に作れるものを追求しました♪

レンジで簡単♪そうめんでビビン麺

作業時間:約10分
費用:約200円

材料(1人分)

  • そうめん : 1束
  • 熱湯 : 450ml
  • ★コチュジャン : 大さじ1
  • ★お酢 : 大さじ1/2
  • ★めんつゆ : 大さじ1/2
  • ★ごま油 : 大さじ1/2

~トッピング~

  • キムチ・海苔・ごま : 好きなだけ

作り方

①耐熱ボウルにそうめんを半分に折り入れ、熱湯を加えたらレンジで3分加熱(ラップなし)します。

②レンジから出して流水でもみ洗いし、ぬめりを取ります。

③★を加え混ぜ合わせたら器に盛り、キムチ・海苔・ごまをトッピングして完成!

特に記載がない場合、レンジは600wを使用しています。
機種によって加熱時間が多少異なるので、様子を見ながら調整してください。
レンジで加熱後は熱いので、火傷に注意してください。
めんつゆは4倍濃縮を使用しています。

  • ①は必ず熱湯で!加熱するときはラップはしないでね
  • 深めの耐熱ボウルを使ってね
  • キムチ・海苔・ごまは好きなだけかけてね!
  • お酢⇒無くてもOK
★アレンジ&トッピング
  • そうめん⇒うどんやラーメン(中華麺)など
  • めんつゆ⇒しょう油大さじ1/2+砂糖大さじ1/2
  • トッピングは、細切りきゅうりやゆで卵、ゆでササミなどもオススメ

嬉しいコメントも頂きました♪

「カンタンで美味しそう~♥そしてお洒落なレシピ本にしかみえないポスト!」

reichannel_cooking/あーちゃんでき楽レシピより

手間じゃなければ、「きゅうりの細切り」や「ゆでササミ」などを乗せると彩り豊かに◎
韓国で人気のビビン麺は、レンジだけでも美味しく作れます♪

お酢を加えることでさっぱりと食べれて、暑さを一気に吹き飛ばしてくれる!
一度食べると何度も食べたくなる、“病みつきレシピ”に仕上がりました♡

カロリーはどれくらい?

気になるビビン麺のおおよそのカロリーはコチラ!!

そうめん(1束)…356.1kcal
熱湯(450ml)…0kcal
コチュジャン(大さじ1)…46kcal
お酢(大さじ1/2)…1.9kcal
めんつゆ(大さじ1/2)…3.5kcal
ごま油(大さじ1/2)…55.5kcal

計463kcal
※お使いの調味料や材料で変わるので、参考程度にしてくださいね!

糖質をオフしたい場合は、そうめんを「しらたき」に変えるのもアリです◎
しらたきなら一袋使っても、糖質はなんとたったの約0.3g!!

糖質制限中にはピッタリですよ。
それに大幅にカロリーダウンもできるので、ダイエット中でもオススメしたいレシピです。

【豆知識】ビビン麺の名前の由来は?

ビビン麺は、日本のそうめんのように細い麺を使い、コチュジャンなどのピリ辛ソースを絡めて食べる料理のことを指しますよね。

そんなビビン麺の名前の由来は、韓国語の「ビビン」からきていて「かき混ぜる」という意味があるんです。
日本では「ビビン麺」が一般的ですが、韓国では「ビビンククス」と呼ばれています♪
ちなみに“コルトンミョン”とも呼ばれるそう!

暑い夏もビビンそうめんで乗り切ろう!

そうめんアレンジの中でも特におすすめしたいレシピの1つ。
手間暇がかかっているように見えて、実はとっても簡単なんです。

レンジでチンして、調味料を混ぜて、具材を乗せるだけでOK。
乗せる具材によっていろんな味が楽しめるので、マンネリしがちなそうめんでもずっと美味しく食べられますよ♪

ピリ辛がクセになる、「夏の定番レシピ」にはもってこいの1品です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です