ご飯

切って並べて焼くだけ!グリルで簡単♪「夏野菜のマヨチーズ焼き」

切って並べて焼くだけ!グリルで簡単♪「夏野菜のマヨチーズ焼き」

———–

今日は、グリルを使った簡単レシピ「夏野菜のマヨチーズ焼き」をご紹介したいと思います。
もちろん、トースターでもOKですよ♪

作り方は簡単!
夏野菜の「トマト」と「ズッキーニ」、それから旨味の塊「ベーコン」を切って並べて焼くだけです♡
高度な料理テクニックは一切必要ないので、誰でも美味しく作れますよ。

マヨネーズには、「にんにく」をちょっぴり混ぜることでパンチを効かせて!
食欲のそそる味に仕上がりました♪

人と会う予定がないorにんにくloverさんは、も~っと入れてもいいですよ~♪

グリルで簡単♪夏野菜のマヨチーズ焼き

作業時間:15分
費用:600円(2人前)

材料

  • ズッキーニ:1本
  • トマト:1個
  • ハーフベーコン:2パック(5枚入り)
  • マヨネーズ:大さじ2
  • にんにくチューブ:約1cm
  • バター:5gくらい(なくてもOK)
  • 溶けるチーズ:好きなだけ
  • パセリ:好きなだけ

作り方

①ズッキーニを1cm幅の輪切り、トマトを1cm幅の半月切りに、ベーコンを半分に切ります。

ズッキーニ(1cm幅の輪切り)

トマト(1cm幅の半月切り)

ベーコン(半分)

②耐熱容器にバターを塗って(省略可)、野菜とベーコンを交互に並べます。

マヨネーズとにんにくを混ぜ、上にかけます。

③グリル(弱火)で5分程焼いたら、溶けるチーズをかけます。

チーズに焼き色がつくまで焼けば出来上がり!

パセリを振って召し上がれ~♪

  • トースターの場合は最初170℃で5分、チーズを乗せたら200℃で焼き色を付けてね。
★アレンジ&トッピング
  • ナスやパプリカなど、他の野菜でもいろいろ試してみてね♪
  • ブラックペッパーやバジルも合う♡

グリルで焼くと、何だか野菜がジューシーに感じるのは私だけ?w
野菜本来の味と甘みが引き立つ気がします。

正直、超簡単なのに“手が込んでいる風”に見えるので、「おもてなし料理」にもピッタリです。
やっぱり「マヨチーズ」と「野菜」の組み合わせは、シンプルに美味しい!!

夏野菜ってどんなものがあるの?

夏野菜と言えば、「トマト」「きゅうり」「とうもろこし」「なす」など、代表的なものは知っているけど…
他にどんなものが夏野菜に入るのか、ちょっと気になりますよね。

ここでは“定番なものから、ちょっと珍しいもの”まで、夏野菜の種類をまとめてみました!

夏野菜の種類
  • トマト
  • きゅうり
  • とうもろこし
  • なす
  • キャベツ
  • オクラ
  • 枝豆
  • ししとう
  • 大葉
  • らっきょう
  • みょうが
  • ゴーヤ
  • うり
  • ズッキーニ
  • パプリカ
  • ピーマン
  • さやいんげん
  • モロヘイヤ
  • レタス
  • かぼちゃ
  • ジャガイモ
  • フダンソウ
  • ルバーブ
  • つるむらさき
  • アーティチョーク
  • ビーツ

1年を通してスーパーでよく見かけるものから、あまり聞きなれないものなんかもあったと思います。
ぜひ、レシピに合いそうな自分だけの夏野菜を見つけてみてもらえたら♪

夏野菜を夏に食べるとなぜ良いの?

夏野菜は、赤や緑など色鮮やかで、見るからに美味しそうな元気になる野菜ばかりですよね。
では、夏に夏野菜を食べるとなぜ「良い」と言われるのか?

実は、旬の野菜には旬の効果があり、「身体の熱を出して冷やす作用のあるもの」や、「水分補給に最適なみずみずしい野菜が多い」からです。
また、夏の強い紫外線をガードする「抗酸化作用の働きがある成分」を含んだ野菜も多い!

まさに、「夏バテ予防」にうってつけってことです!
夏には夏の、冬には冬の、旬な野菜を食べて健やかで元気な体を維持していきたいですね♪

夏野菜で彩り豊かに♪美味しく夏バテ予防!

野菜をただ「切って・並べて・焼いただけ」なのに、とても“華やかで豪華な料理”に見えます。
カラフルでボリューミーなので、「ホームパーティー」や「おもてなし料理」にも最適です♡

それに、一度にいろんな種類の野菜が摂れるので体にもとっても良い!◎
基本的にどんな野菜でも合うので、大量消費したいものがあったら、ぜひいろいろ試してアレンジしてみて!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です