ご飯

ご飯が進むおかずレシピ!めんつゆで簡単「鶏となすのみぞれ和え」

ご飯が進むおかずレシピ!めんつゆで簡単「鶏となすのみぞれ和え」

———–

今日は、めんつゆを使った簡単レシピ「鶏となすのみぞれ和え」をご紹介したいと思います♪

脂っこい&味の濃いご飯には、やっぱり“おろし”がピッタリですよね!
お肉の脂ととろとろのナスが、おろしとめんつゆに絡んで、口いっぱいにジュワ~と広がります。

でも、大根をおろすのって意外と重労働…
そして、一生懸命すったのに食べたら辛かったり(笑)

そこで今回は、「市販の冷凍大根おろし」をトッピングに使いました。
流水で溶かすだけなので時短できるし、辛みが少ない!

スーパーで見かけたら、是非試してみてください♪

めんつゆで簡単♪鶏となすのみぞれ和え

材料

  • 鶏もも肉 : 1パック(約200g)
  • なす : 2本
  • 塩コショウ : 少々
  • 小麦粉 : 大さじ3
  • 油 : 大さじ1
  • 水 : 大さじ1
  • ★めんつゆ : 大さじ1.5
  • ★酒 : 大さじ2
  • ★みりん : 大さじ1
  • ★しょうがチューブ : 約3cm
  • ・大根おろし : 適量
  • ・万能ネギ : 適量

作り方

①茄子を小さめの乱切りにして水にさらします。

鶏肉をビニール袋にいれ、塩コショウと小麦粉をまぶして揉み込みます。

あらかじめ★の調味料を混ぜておきます。
★しょうがチューブ : 約3cm

★酒 : 大さじ2

★みりん : 大さじ1

★めんつゆ : 大さじ1.5

②油を入れ温めたフライパンにお肉を投入、両面焼き色ついたら茄子と水を入れ蓋をします。

弱火で5分蒸し焼きにします。

③蓋をとり茄子がしんなりしたら、混ぜておいた★を加え煮詰めます。

器に盛り大根おろし・万能ネギを乗せて出来上がり!

めんつゆは4倍濃縮を使っています。

  • ③で蓋を開けたとき、水分が多かったらキッチンペーパーで拭き取ってから調味料を入れてね。
  • おろしは汁ごと使うのがおすすめ♪
★アレンジ&トッピング
  • 鶏もも肉は、鶏むね肉やささみでもOK!

嬉しいコメントも頂きました♪

「美味しそう!ナスの美味しい季節♥♥」

reichannel_cooking/あーちゃんでき楽レシピより

万人受けする味付けに仕上がっているので、お子様にも喜ばれると思います。

味の濃さは、食べる時におろしの汁で調節できます◎
濃い目が良ければ水分をよく切り、薄めが良ければおろし汁を多めにかけると薄味になります。

鶏もも肉をささみに変えれば、よりヘルシーに!
ぜひ、自分好みに調節してみてくださいね♪

【豆知識】みぞれ煮の名前の由来

みぞれ煮とは、「大根おろしで煮た料理」のことを指します。

名前の由来は、想像通り!
“雪のみぞれ”に似ていることから名付けられたそうです。

おろしで煮ると味がよく絡み、とっても美味しいですよね♪

実は、大根に含まれている「プロテアーゼ」という成分によって、鶏肉が柔らかくなるというメリットもあるそうですよ!
他にも消化を助けてくれたり、臭みを消してくれるなど、おろしには重要な役割がたくさんあったんです♪

大根の大量消費にも!おろしは冷凍できる!

スーパーの野菜売り場常連の大根。
そのため、ちょくちょく特売になることも多いですよね。

しかし、1本丸ごと買っても意外と使い切らずに、ダメにしてしまうこともあったり…

そんなときの大量消費にオススメなのが「大根おろし」にすること!
しかも、大根おろしは“冷凍できちゃうんです♪”

軽く水けを切って、使う分毎にラップに包んで小分けにして冷凍すればOK。
水分が抜けすぎるのを防ぐために、水気は切りすぎないのがポイントです。

これで約1ヶ月は冷凍保存できます。
ストックしておくととっても便利ですよ!

使うときは数時間前に、冷蔵庫に移して解凍してくださいね♪

食べ応え抜群で、ご飯がモリモリ進みます!

あらかじめ市販の大根おろしや、冷凍の大根おろしのストックを用意しておけば、後はサッと煮て簡単に作るだけなのでオススメです♪

やっぱり、「めんつゆ×おろし」の組み合わせは間違いないかと♪
そのままご飯に乗っけて「みぞれ丼」にするのもアリ◎

おかわり必至の鶏となすのみぞれ和え、ぜひ試してみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です